五月人形展 開催中です!

5月5日の「端午の節句」は古来中国から伝わり、菖蒲や蓬によって邪気や疫病を祓う行事でした。江戸時代には「菖蒲」が「尚武」に通じるとして、男児の初節句を祝い、兜飾り・鯉幟・幟飾りなどを飾り、ちまきや柏餅を食べるようになりました。

雲海では、大正時代の武者人形や現代の兜飾り、破魔弓、金太郎のケース飾りなどを一階ロビーやレストランにてご覧いただけます。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。